♪ファシリカ卒業生コメント♪

2020.8.31

ファシリカの紹介

こんにちは
ファシリカ高崎駅前です

8月もあっという間に今日で終わりますね・・
7月は異例の長雨、梅雨が明けたと思ったら気温の高い毎日・・

まだまだ暑いですが、夜になると秋の虫が鳴き始めました
気持ちの良い秋が待ち遠しいですね

さて、今日はファシリカ卒業生のコメントを紹介したいと思います
ファシリカは2018年7月開所以来、2年で16名の卒業生を社会に送り出してきました!

卒業生が在所時に学んでよかったことや就職のために取り組んできたことをご紹介致します
見学や体験等をご検討の方は是非参考にしていただければと思います

 

ファシリカ卒業コメント

 

 

就職するつもりがなかった自分

入所当時の私は就職する気はあまりありませんでした。今までの人生で何度も失敗してきたため、働くことが怖かったからです。そんな私でもファシリカの支援員さんたちは暖かく迎え入れてくださいました。

だんだん自信がついてきた

その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格取得や、通信制大学卒業という目標を達成していく中で、自分のやりたいことが徐々に見えてきました。いつしか働くことにチャレンジしてみよう、そんな気持ちにもなってきました。

本人のやりたいことを全力応援!
私が自然と働いてみようと思えるまでじっと待ち、やりたいことを全力で応援してくださった支援員さんたちには感謝しています。本当にありがとうございました。

(30代女性 デザイン・事務補助【一般雇用】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

崩れがちだった生活リズムが、通所により整ってきた!

朝起きるのが辛く、生活リズムも崩れがちでしたが、ファシリカに通い始めるようになってからは、ファシリカに行くために朝が起きられるようになり、生活リズムも整ってきました。週3回の通所からスタートして、就職時には週5回通所になりました。

苦手だったコミュニケーションにも変化が…

コミュニケーションに苦手意識がありましたが、グループワークや体力づくりのためのウォーキングに参加して、利用者さんと関わっていく中で、だんだんと緊張もとけてきました。

不安な気持ちに寄り添う支援

就職活動をしていく中で、不安なことはその都度支援員さんが聴いてくれて、資格にも合格し、無事に就職することができました。

(20代女性 図書館勤務【障害者雇用】)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生きがいを失くしていた自分

障がいを持つ前は、シングルマザーとして毎日忙しく働いていました。身体が不自由となり、仕事もできなくなり、やりがい…生きがいを失くしていました。

通所を始めてみたものの…

「なんとか就職先を探したい!」そのためには何か資格をと思い、ファシリカに通所を始めました。ですが、なかなか思うように進まずイライラしたり、他にもいろいろなことがありました。

これからスタートする私の人生

スタッフの皆さんに励まされながら、パソコンの検定を受ける準備も進み、就職先も決まり、やっとスタートラインに立てた気がしています。これからヨーイドン!です。頑張ります。皆さん本当にありがとうございました。

(50代女性 在宅での軽作業【障害者雇用】)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ファシリカで学んだことは?

最初は色彩検定の勉強をし、その後は軽作業やお寺での清掃作業、ショートウォーキングなどに参加しました。スタッフからいろいろなサポートがありました。

就活について

なかなか内定をもらうことができず、スタッフさんに会社まで来てもらったり、面接練習などをしてもらいました。色々な仕事をしてきましたが、就職してもうまくいかなかったこともありました。今回就職できてよかったです。

今後の抱負

上司の言っていることにしっかり返事をして、正確に作業を進めていきたいと思います。

(40代女性 スーパー勤務【一般雇用】)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ファシリカに通って良かったこと

  1. 毎日通所することで、規則正しい生活リズムができたこと。

以前は就寝時刻と起床時刻がバラバラでしたが、ファシリカに通うようになってからは、一定になりました。

  1. 資格を取得できたこと。

支援員の皆さまのお陰で、難しいと感じていたPC系の資格(MOSのWord・Excel・PowerPoint)にも挑戦することができました。また、資格を取得したことで、できる仕事の幅も広がりました。

  1. ビジネスマナーを学べたこと。

ビジネスマナーはどこへ就職しても必要になると思うので、学べてよかったです。

  1. コミュニケーション能力を養えたこと。

利用者の皆さんと同じ作業をする中で、コミュニケーション能力も養えました。手芸ワークなどの進行を担当した際は、企画を考えたり、人前で話す勉強にもなりました。

(30代女性 加工品製作・軽作業【障害者雇用】)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最初は不安だらけ

最初に来た時は、自分自身の先が全く見えない状態だったので不安でした。でも毎日通い、初めての分野の勉強をしたり、たくさんの人と関わりを持つことで、不安も薄れていきました。

ファシリカで過ごす中で変われた自分

正直なところ、自分が病気になるとは考えていなかったのですが、ファシリカでいろいろなタイプの人たちと話したり、班長としてイベントの準備・実行をしていく中で、今まで自分の視野が狭かったことに気づき、自分自身が変われたかなと思います。事実、自分から他の利用者さんに話しかけるという、以前の自分だったらしないようなこともできるようになりました。

学びを活かして働く

今までの人生では経験してこなかったこともたくさんありましたが、今となってはどれもいい思い出です。今後は新たな環境で働くことになりますが、ファシリカで学んだことを活かして働いていきたいです。

(20代男性 システム系事務【障害者雇用】)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ファシリカに来る前は…

トラウマが原因で、アルバイトや派遣の仕事さえすぐ辞めてしまい長続きしませんでした。いつしかそういう自分に完全に自信をなくし、自分はダメな人間なのだと塞ぎこむことも多くなっていました。

ファシリカに通所するようになって変われた自分

同じ目標を持って一緒に頑張る仲間がいることが心強く、自分にもまだやれることがあるかもしれないと考えられるようになりました。不規則だった生活も改善し、毎朝6時には起きて活動できるようになりましたし、嫌いだと思っていた勉強もやってみると意外と楽しいと思えました。

今では、将来の自分のビジョンについて、入所当時とは比べものにならないくらい前向きに考えることができています。最初は不安もありましたが、ファシリカに通って頑張ってきて良かったです。

不安もあったけれど、内定を貰えた!

長く仕事に就いていない期間(ブランク)があることが心配でしたが、企業検索をするうちに、資格やスキルを持っていれば気にしないという企業も意外とありそうだとわかりました。

そして、ファシリカで取ったITパスポートの資格や、日頃のプログラミングの勉強の成果が認められて、IT系企業に内定をいただくことができました。

(30代男性 IT系【一般雇用】)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

知識ゼロからP検4級に合格!

パソコンの知識はほぼゼロでしたが、ファシリカで勉強させてもらい、3か月後にはP検4級に合格することができました。わからないことだらけだったので、スタッフにいつも聞いていましたが、聞けばすぐに親切に教えてくれたので、とても助かりました。

とても居心地のいい場所

他の利用者さんたちとは、作業やゲーム、卓球など色々なことを一緒にやり、とても楽しかったです。なんだか学校に来ている学生のような気分でした。1日がとても充実していて、ずっとここに居たい感じです。

(50代男性 製造業【障害者雇用】)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかがでしたでしょうか?

少しでもファシリカ内の訓練内容や雰囲気が伝わったら幸いです

就職を決めるまで一進一退頑張って来た皆さんの声です

これからも利用者さんと共にスタッフ一同も頑張っていく所存です☆★

引き続きよろしくお願いします!!